アムウェイ スキンニュートリション(スキンNT)

商品一覧PRODUCTS LIST

17件(全17件)
並べ替え

おすすめ商品

このカテゴリについてABOUT CATEGORIES

スキンニュートリションについて

スキンニュートリション

目指したのは、肌が本来持っている“自らを守りダメージを修復するチカラ”を、しっかりと発揮できる「自活肌」。

これまで、肌に足りないものを“補うケア”が一般的でした。新しいアーティストリーが着目したのは、肌悩みに応じた“補うケア”の前に、まず「健康な肌を育む」というヘルシービューティ発想です。

スキンニュートリションのサイエンス

肌本来が持つ5つの機能

浄化、美肌菌バランス、保水、細胞機能年齢、保護の5つの肌機能が備わっていることが「自活肌」へ導く大切なカギとなります。

新しいアーティストリーが目指す「自活肌」とは、肌本来が持つ機能をしっかりと発揮できる肌のことです。

アーティストリーの研究者は、肌に5つの機能があることにたどり着き、この5つの機能が正しく働く肌ことが「根本から健康で美しい肌」と考えました。

日常のストレス、大気汚染や紫外線などの環境によるダメージや加齢により、肌の力は日々低下しています。そのため、肌本来の機能を取り戻すためのサイエンスを考える必要がありました。

一般的な肌機能

浄化

浄化

汚れや古い角質をターンオーバーで排出する

保護

保護

メラニンを創り、紫外線から皮膚の細胞を守る

保水

保水

「NMF/天然保湿因子」を作り出しうるおいを保つ

自活肌のための肌機能

細胞機能年齢

細胞機能年齢

コラーゲン、エラスチンなどを生成し、肌にハリと弾力を作る

美肌菌バランス

美肌菌バランス

肌荒れなどの炎症の発生を抑える

美肌菌バランスとは?

バリア機能をサポートする肌の常在菌とバイオフィルム

わたしたちの肌の上の常在菌には、善玉菌と悪玉菌が存在しています。アーティストリーでは善玉菌を、その働きから「美肌菌」と名付けました。

美肌菌が悪玉菌より多く、「美肌菌バランス」がとれていると、肌のバリア機能がサポートされ、外的刺激から肌を守ることができます。

美肌菌バランスがとれている状態は、肌本来のバリア機能をサポートします。しかし、乾燥や紫外線、花粉やPM2.5といった肌への刺激により悪玉菌が増え、美肌菌バランスが崩れます。

悪玉菌が増殖すると、塊を形成し、外側に粘性のある膜(バイオフィルム)を形成します。バイオフィルムは毒素を発生させ、肌機能を攻撃し、炎症や肌荒れなどを引き起こします。

スキンニュートリションに配合された植物エキスWが「美肌菌バランス」を整え、バイオフィルムの生成を抑制することを発見しました。

肌の5つの機能とは?

アーティストリーが提案する新たな美の価値観

肌悩みに応じた「補うケア」の前に、まず「健康な肌を育む」という「ヘルシービューティー」発想。目指したのは、肌本来が持っている「自らを守りダメージを修復するちから」をしっかりと発揮できる「自活肌」です。

アーティストリーの研究者は、肌には5つの機能があると定義し、この5つの機能が正しく働いている肌が、根本から健康で、美しい肌だと考えます。

一般的な肌機能
浄化

浄化

汚れや古い角質をターンオーバーで排出する

保護

保護

メラニンを創り、紫外線から皮膚の細胞を守る

保水

保水

「NMF/天然保湿因子」を作り出しうるおいを保つ

自活肌のための肌機能
細胞機能年齢

細胞機能年齢

コラーゲン、エラスチンなどを生成し、肌にハリと弾力を作る

美肌菌バランス

美肌菌バランス

肌荒れなどの炎症の発生を抑える

悪い肌環境や加齢により、肌本来の機能が低下していきます。アーティストリーは、肌本来の機能を発揮できる肌に導きます。

細胞機能年齢とは?

「細胞機能」の修復のメカニズム

肌のハリを支えるコラーゲン繊維・エラスチン繊維は、真皮内の線維芽細胞で生成されています。加齢や外的要因による活性酸素の発生で線維芽細胞の機能は低下し、肌表面のシワ、たるみ、乾燥などのエイジングサインの原因に。

アーティストリーは、線維芽細胞を修復し、若々しい活動を促す植物エキスを発見しました。

「ヤング線維芽細胞」と「オールド線維芽細胞」の比率が大事

どの年齢の肌でも、「ヤング線維芽細胞」と「オールド線維芽細胞」が混在します。ヤング線維芽細胞は、健康に機能し、コラーゲン等を活発に作ります。オールド線維芽細胞は、コラーゲンなどを作る機能が低下しています。

悪い肌環境や加齢が原因で、ヤング線維芽細胞はオールド線維芽細胞に置き換わるように数が増減します。オールド線維芽細胞が増えると、エイジングサインがより目立つようになります。

ヤング細胞の比率を高く保つために

ヤング細胞が多い肌も、乾燥・紫外線・刺激・加齢等の対策を何もしないとオールド細胞が増えてしまいます。ヤング細胞がオールド細胞にならないように、「まもる」アプローチが大切です。

アーティストリーは、オールド細胞はヤング細胞に修復できることを突き止めました。オールド細胞が増えてしまった肌は、ヤング細胞に修復しましょう。

肌でいただく、スーパーフードの美肌力

ホワイトチアシード

納得いくもので自分らしく美しく。自社有機農場の持続可能な農法で育てたスーパーフード「ホワイトチアシード」の力を、先進科学技術でスキンケアに搭載。